最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

ICOライセンススクール

少人数制を採用しているICOライセンススクールをチェック。公認会計士の勉強法の特徴や講師、合格者の評判などを紹介します。

公認会計士の通信講座・ICOライセンススクールの講座&費用

講座名 短答&論文入門本科VIP会員
価格 Webダウンロード講義390,000円、DVD-R講義400,000円(ともに入学金10,000円込み)
特徴 初学者向けで試験合格までに必要十分な知識が身につくコースです。
講座名 完全入門本科VIP会員
価格 Webダウンロード講義580,000円、DVD-R講義600,000円(ともに入学金10,000円込み)
特徴 上の短答&論文入門本科に加えて、特訓コースや短答式合格実現プロジェクトなどをプラスして、よりしっかりと知識を身につけるためのコースです。
講座名 公認会計士・短答式本試験合格コース
価格 Webダウンロード講義219,800円、DVD-R講義229,800円(ともに初学者、2013年6月30日までの特別価格)
特徴 短答式合格に目標を絞ったコースで、教材も映像はなくWeb音声ダウンロードとなりますが、安価な設定になっています。

ICOライセンススクールは何位?公認会計士の通信講座BEST5≫
ICOライセンススクールは何位?公認会計士の通信講座BEST5へ

ICOライセンススクールの勉強法

ICOライセンススクールの公認会計士通信講座には、以下の3つのおすすめできる特徴があります。

1.できるだけ短期で合格するためのインプット学習法

短答式対策として、財務会計論/管理会計論/監査論/企業法のすべてを効率的に学ぶインプット学習法で、可能な限りの短期合格を目指すという方針を持っています。

学生時代に合格しておきたい、仕事を辞めて退路を断っている、といったヒトには頼もしいスクールといえそうです。

2.少人数制でサポートの質を下げない

同講座では、スクーリングと通信講座の受講生をトータルしても、年間で150名までという少人数制をとっています。

スクーリングだけでなく通信でも人数を絞っているのは、受講生ひとりひとりに対するサポートの質を下げないという方針によるものです。

3.就職活動のサポートあり

最終試験に合格した後は、個別就職ガイダンスがあります。これは通信の受講生も来校することになります。

他にも職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれたり、面接シミュレーションを実施したりと、就職までの活動をサポートしてくれます。

講師の特徴

同講座は、公認会計士であり、講師歴32年になるベテランの井ノ川博行講師が主宰しています。

これまでの24年間で3,833名の公認会計士合格者を輩出するなど、実績も十分です。井ノ川講師はTACの簿記主任という経歴を持ち、簿記に関する著書も多数あります。

ICOライセンススクールで公認会計士に合格した人からの口コミ

  • 働きながら合格したFさん
    「IOCでは、計算科目は井ノ川先生や現役の会計士が講師で、法律科目では弁護士が講師なので、レベルが高く、熱意も感じられます。また、知識だけではなく、勉強方法も教えてくれるので、方向性を間違うこともありませんでした」
  • 仕事を辞めて一発合格したKさん
    「講義自体やレジュメがしっかりしているのに加えて、月3回の発送システムがあるので、通信教育で継続するのに適していました。アウトプットでは問題を捨てるワザを身につけることができたのも、好結果につながりました」
  • 大学在学中に一発合格したTさん
    「友人のすすめもあってIOCを選びました。入門からまとめまで、3ヶ月ごとに4回転させて学習するカリキュラムのおかげで、弱点を無くすことができました」