最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

LEC

講師を入門・上級と分けて、効率的な勉強をサポートするLECについて調査。公認会計士の講座内容や料金、口コミ評判を紹介しています。

公認会計士の通信講座・LECの講座内容&費用

講座名 初級者向け短答合格コース
価格 Web+ダウンロード通信講座308,000円、DVD通信講座348,000円
特徴 入門講座で簿記を習い、短答式に特化した各種講座や答練、公開模試を盛り込んだ1年コースです。
講座名 初級者向け会計体幹コース
価格 Web+ダウンロード通信講座160,000円、DVD通信講座180,000円
特徴 公認会計士をはじめ簿記や税理士などの資格試験に共通して必要とされる知識を習得するコースです。
講座名 中・上級者向け短答・論文合格コース
価格 Web+ダウンロード通信講座309,000円、DVD通信講座390,000円
特徴 まず半年を目処に短答式を集中的に学び、その後に8ヶ月で論文式の合格を目指すコースです。

LECは何位?公認会計士の通信講座BEST5≫
LECは何位?公認会計士の通信講座BEST5へ

公認会計士の通信講座、LECの勉強法などの特徴

LECの公認会計士通信講座には、以下の3つのおすすめできる特徴があります。

1.短答式と論文式を分けて学習負担を軽減

同講座の特徴は、まず1年目に短答式合格を目指すため、論文式とは分けて学習する方式を採用しています。

これは、現行の試験制度への対応を重視した方針で、両者を分けることによって学習負担を軽減します。特に短答式は1年合格を強く打ち出しています。

2.Web+ダウンロードとDVDが選べる

通信講座の学習スタイルは、WebとDVDの2パターン。

インターネットを使った学習は、Web動画配信と音声ファイルのダウンロードが教材となり、講義で使ったレジュメや板書はPDFファイルが添付されます。

3.短答式と論文式を分けるから費用も抑えめ

短答式と論文式を分けるという教育方針によって受講料の設定も抑えめになっています。

同時進行する講座の場合、短答式に合格する前段階で論文式の学習に費用と時間をかけることになるのを、分離することで効率化できるからです。

LECの講師陣

同講座では、初期段階をサポートする入門講師と、専門知識を習得する段階の上級講師を分けています。

入門講師は、基礎知識だけでなく、初心者をサポートするために勉強のしかたなども含めて、担任制で対応します。
一方、上級講師は科目ごとの専門講師で、それぞれのスペシャリストが合格対策としての知識やノウハウを提供します。

LECの通信講座で公認会計士に合格した人からの口コミ

  • 大学在学中に合格したYさん
    「私は大学2年次に短答式に合格しましたが、LECを選んだ理由も短期合格を打ち出していたからです。通信講座の内容も質が高く、受講料の安さも魅力でした」
  • 大学院卒業後に合格したKさん
    「実際に試験を受けた経験から、短答式の短期合格の重要性と、短答式と論文式とで必要なスキルが異なることを実感していました。その点で、LECのカリキュラムは合理的で、最後までやりきることが合格につながったと思います」
  • 就職活動後からの学習で合格したIさん
    「私が公認会計士の勉強をはじめたのは、就職活動を終えた大学4年の夏でした。その時、4ヶ月で短答式合格を目指すコース案内を見て、LECに決めました。Web受講が充実しているのもLECの特徴で、私は短答式と論文式を両立して勉強することで、ほぼ1年で合格することができました」