最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

資格の大原

毎年改訂されるテキストを使用する、資格の大原をリサーチ。公認会計士の講座内容をはじめ、勉強法や評判・費用などをまとめています。

公認会計士の通信講座・資格の大原の講座内容&費用

講座名 入門1.5年スプリング本コース(チャレンジ)(一発合格パック)
価格 Web+音声ダウンロード通信講座640,000円、DVD通信講座700,000円(ともに初学者)
特徴 公認会計士試験の全科目を学んで、論文式試験の一発合格を目標とするコースです。
初学者向けで、新学期からの約1.5年の期間を設定しています。
講座名 入門1年本コース(レギュラー)(短答科目合格パック)
価格 Web+音声ダウンロード通信講座620,000円、DVD通信講座680,000円(ともに初学者)
特徴 短答式受験科目に絞って、論文式試験合格までを目標とするコースです。
初夏から約1年の期間で、論文式のみの科目は別途学習する必要があります。
講座名 入門2年本コース(Wチャンスα)(一発合格パック)
価格 Web+音声ダウンロード通信講座720,000円、DVD通信講座780,000円(ともに初学者)
特徴 学習期間を約2年間に設定して、週3~6回の学習ペースで全科目の論文式試験の一発合格を目標とするコースです。

資格の大原は何位?公認会計士の通信講座BEST5≫
資格の大原は何位?公認会計士の通信講座BEST5へ

公認会計士の通信講座、資格の大原の勉強法などの特徴

資格の大原の公認会計士通信講座には、以下の3つのおすすめできる特徴があります。

1.毎年改訂されるオリジナル教材を採用

同講座の教材は、最新の試験傾向を分析、試験委員対策を練るだけでなく、他予備校の指導状況も考慮した上で毎年改訂されるオリジナル教材を採用しています。

2.試験と就職対策がひとつになったカリキュラム

同講座の大きな特徴は、公認会計士資格試験の勉強だけでなく、就職対策も合わせて盛り込まれたカリキュラムにあります。

また、定期的に進捗状況のチェックがあるので、個々のペースで目標を進めていくことができます。

3.通信講座は3タイプが選択できる

通信講座は、DVD教材とWeb+音声ダウンロードの2つがメインですが、上級本コースなどではCD教材の割安なコースも用意されています。

資格の大原の講師陣

全国の大原グループでは公認会計士講座の担当講師が238名いますが、そのうちの225名が常勤講師です(2012年12月1日現在)。

これは、受験指導に特化したプロ集団が講義を担当するためで、常勤講師体制にはこだわりをもっています。通信講座も通学も同様の体制で、専任講師として受講生をサポートしてくれます。

資格の大原で公認会計士に合格した人からの口コミ

  • 大学在学中に合格したSさん
    「経営学の新試験委員対策のようなタイムリー講義もあったり、財務会計論の本試験が大原の答練とほぼ同じだったり、的を射た指導を実感しました」
  • 大学在学中に合格したKさん
    「テキストのボリュームが厚すぎず薄すぎず、これだけをしっかりマスターすればいい内容になっていました。また、個人別成績表で自分の弱点がわかったことも役に立ちました」
  • 大学卒業後に一発合格したSさん
    「計算を先に学習してから理論を学ぶというカリキュラムのおかげで、本番試験でもしっかり点数をとることができました。答練そのままの問題も出ていて、大原でしっかり勉強すれば、合格できると思います」