最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

TAC

累計合格者が2,000人を超える公認会計士(CPA)の通信講座・TACをリサーチしました。費用や講座内容、利用者からの口コミなどを掲載しています。

公認会計士(CPA)の通信講座・TACの講座内容&費用

講座名 短期集中L本科生
価格 eb+ダウンロード通信講座640,000円(初学者)
特徴 受講期間が約1年2ヶ月、文字通り短期集中型のコースです。
本試験でよく出される重要論点をしっかり学びます。
講座名 2年L本科生
価格 Web+ダウンロード通信講座720,000円、DVD+ダウンロード通信講座800,000円(ともに初学者)
特徴 受講期間が約2年2ヶ月で、通学・通勤との両立がしやすいコース。
時間をかけて基礎をマスターしたいヒト向きともいえます。
講座名 2年S本科生
価格 Web+ダウンロード通信講座700,000円、DVD+ダウンロード通信講座780,000円(ともに初学者)
特徴 上の2年L本科生と比べて、入門・基礎期を2ヶ月程度短縮して、受講期間を約2年としたコースです。

TACの勉強法

TACの公認会計士通信講座には、以下の3つのおすすめできる特徴があります。

1.短答式と論文式を同時進行するカリキュラム

本試験では短答式と論文式は区別されますが、論文式は短答式の試験範囲から出題されます。

それを踏まえて、同講座のカリキュラムは、短答式と論文式の勉強を効率的に同時進行できるように構成されています。

2.WebもしくはDVDと各種ダウンロードのセットで学習

同講座の通信メディアは、Webとダウンロード、もしくはDVDとダウンロードの組み合わせを選択することになります。パッケージがない分、Webの方が受講料も安価です。

ダウンロード教材は、講義内容の音声ファイルと講義録のPDFファイルです。

3.2009~2012年の累計合格者数が2,795名の実績

同講座からは直近4年の2009~2012年で、公認会計士論文式試験の合格者を累計2,795名輩出しています。

論文式試験は相対評価となるので、受講生の多いTACで自分の順位をチェックしておくと、本試験での目安にもなります。

TACは何位?公認会計士の通信講座BEST5≫
TACは何位?公認会計士の通信講座BEST5へ

公認会計士の通信講座、TACの講師陣

TACは合格者講師主義を採用しています。

これは、公認会計士の試験合格者を講師とすることですが、さらには司法試験合格者も含めて実務経験豊富なプロが揃っています。

講義だけでなく、カリキュラムや教材作成、そして受講生へのアドバイスもしてくれるので、大きなサポートになります。

公認会計士の通信講座、TACの合格者の口コミ

  • 在学中に合格したIさん
    「講師のみなさんが実務経験豊富で、とても質の高い講義を受けることができました。本試験の予想問題も的中率が高かったです」
  • 在学中に合格したKさん
    「私がTACを選んだのは、合格者講師主義に共感したからです。実際に講義を受けてみると、受講生の目線でわかりやすく教えてくれますし、出題傾向もバッチリ当たっていました」
  • 社会人合格者のOさん
    「私が合格できたのは、TACの教材を信じて勉強したことに尽きます。これを完璧にマスターしておけば、合格ラインをクリアできます」