最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士になるためには…データで整理

公認会計士になるためには事前に知っておくべきことがあります。そもそも、国家資格に合格しただけではなれない職業なのです。

公認会計士になるために最初に知っておくべき基礎知識

公認会計士になるためには、国家試験に合格する必要があります。

詳細ページでは、公認会計士試験に関する説明と、公認会計士という職業の中身について紹介しているので、これからチャンレジしようという人は、最低限知っておくべき知識としてご覧ください。そして、資格試験に合格しただけでは、実は公認会計士になったとはいえないのです!

試験合格後、公認会計士になるための4つのステップ

1.業務補助等を2年以上行う

業務補助等とは、公認会計士や監査法人を補助する業務補助、もしくは財務に関する監査、分析その他の実務に従事する実務従事のこと。
これは試験の前でも後でもいいのですが、一般的には試験に合格した後、監査法人などに就職して、業務補助をすることになります。

2.実務補習を受講する

実務補習は、試験に合格した後で、1~3年かけて実務補習所に通って受けます。
これは日本公認会計士協会の講義で、会計・監査の実務に必要な知識を習得します。
必要な単位数を取得しないと、修了考査を受験することはできません。

3.修了考査に合格する

修了考査は実務補習所の卒業試験に相当、公認会計士試験に合格した年から3年後の12月に受験します。
合格率は70%前後です。

4.公認会計士として登録手続きをする

上記をすべてクリアしたら、必要書類を所定機関に提出して、手続きが完了すれば、晴れて公認会計士の誕生です。
完了までは1~2ヶ月ほどかかります。