最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

実際の仕事内容とは

受験勉強の前に知っておきたい公認会計士の仕事内容として、業務領域や求められる役割などを紹介。

公認会計士の4つの仕事内容

公認会計士の仕事内容は、大別すると以下の4つになります。

監査業務

公認会計士だけが独占的に担当できる仕事が監査業務です。

これは、企業が作った損益計算書や貸借対照表といった財務諸表を、第三者である公認会計士がチェックするというものです。上場企業ではこうした決算書類を公開していて、それらが正しいことを証明するために、公認会計士が監査報告書を作るのです。

上場企業の監査業務では、規模も大きいため、複数の公認会計士が在籍する監査法人が担当します。株主などのステークホルダーに間違った情報を与えて、損失を被ることがないようにする、社会的影響の大きな仕事といえます。

税務業務

企業などの税務書類の作成や申告手続きを行ったり、税務に関する相談に応じたりします。

税務業務は税理士の仕事でもありますが、公認会計士の資格があれば、税理士業務もできるわけです。税務については、企業など法人だけでなく、個人のクライアントも見込めます。

会計業務

経理全般から税務を除いたものが会計業務となります。財務諸表など決算書類を作成したり、会計や財務全般の指導やアドバイスをします。

コンサルティング業務

会計・税務関連だけでなく、企業の経営全般に対するコンサルティングをしている公認会計士もいます。

株式公開のコンサルティングやシステムコンサルティングなど、対応範囲も幅広く、ビジネス規模も大きな業務です。

公認会計士の仕事の流れ・留意点

監査業務においては、公認会計士は年間でスケジュールを立てて、クライアント企業へ足を運びます。

監査当日は朝から夕方まで、企業側の担当者からヒアリングを受けながら、各種の決算書類を詳細にチェックします。一方、税務業務などでは月単位または年数回単位で訪問するといった対応をしています。

今や経済はグルーバル化しているので、公認会計士の業務も国際会計基準を理解している必要があります。ただし、こうした国際的な決めごとは変化が激しいので、常にキャッチアップしていくスキルが求められます。

また、取引先企業はクライアントではあるのですが、間違いがあればしっかり正すことが仕事です。

そのため、クライアント企業の評価を落とすこともあり得ますが、株主などのステークホルダーに不利益を与えないために、第三者としてのスタンスを貫く真摯な姿勢が求められるのです。