公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士試験の勉強の順番って?

公認会計士試験を受けるには、数多くの科目を勉強しなければなりません。しかし、どこから手を付けていいか見当もつかない人もいるでしょう。

ここでは「一体何から勉強したら良いの?」とお悩みの方に向けて、公認会計士試験の勉強の順番や優先順位のつけ方について紹介しています。

公認会計士試験の勉強の順番

受験科目は全部で9科目。そのうち必須科目は5つとなっています。残りの4科目は選択となり、論文式試験の際に1科目だけ選んで受けることになります。実質は必須科目5科目と選択科目1科目の計6科目となるため、どの科目を選択するかを決めておけば、効率良く学習ができるでしょう。

選択科目は必須科目の内容をよく理解した上での学習が好ましいため、必須科目は以下の順番で勉強していくのが良いです。

優先順位のつけ方

公認会計士の勉強内容の優先順位は、学習時期ごとの重要性について考慮しなければなりません。間違った努力だった場合には成果が出づらくなってしまうので、重要性の判断は大切にしましょう。

学習時期ごとの重要性は、1人ひとり異なります。そのため、「学習時期の計算が分からない」という人は、通信講座で聞いてみるといいです。これまでに多くの合格者を輩出しているところなら、自身にぴったりのペース配分や勉強法をレクチャーしてもらえます。

まとめ

公認会計士試験の科目は、必須と選択を合わせて9科目あります。そのため、効率良く学習しなければ、試験までに間に合わない可能性があるでしょう。

今回紹介した勉強の順番は、あくまでもスムーズに勉強するための一例です。勉強の順番や各科目の勉強開始時期には個人差がありますので、プロの講師が在籍する通信講座などで聞いてみましょう。