最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

通信講座

通信講座や通信教育を利用した公認会計士の勉強法について、概要やメリットデメリットを紹介。

公認会計士の通信講座での勉強法の概要

公認会計士の通信講座での勉強法の概要公認会計士の予備校や専門学校の多くが、通学だけでなく通信講座も併設しています。

教材は基本的に同じもので、講義もインターネットの動画やDVDによって、講師の授業を映像で閲覧することができることも多くなっています。

また、質問や相談はメールや電話でサポートしていますし、添削による指導を受けることもできます。

指導方針やカリキュラムの構成はスクールによって違いますが、近年は多くの講座でインターネットを積極的に活用するなど通信講座に力を入れているようです。そのため、自宅学習により最適化した教材やサポート体制を用意するようにもなっています。

通信講座の場合、進捗管理や学力が上がっているかのチェックはセルフコントロールになりがちなので、こうした部分でもサポートしてくれる講座を選ぶと自宅学習の不安がなくなると思います。

合格への最短ルートはこれ!公認会計士の通信講座ランキング

公認会計士の通信講座で勉強するメリット

公認会計士の通信教育のメリットは、主に以下の4つです。

  1. 社会人でも学生でも自分のスケジュールで学習できる
  2. WebやDVDの講義は何度でも繰り返し視聴ができて、早送りも可能
  3. 教材は通学と同等
  4. 費用面では通学よりも安価

公認会計士の通信講座で勉強するデメリット

公認会計士の通信講座のデメリットは、主に以下の3つです。

  1. 基本的には勉強の自己管理が必要
  2. モチベーションや進捗状況の確認などで通学より劣る
  3. 勉強する時間帯によっては、すぐにサポートが受けられない