最短合格の方法は?公認会計士の勉強法ガイド

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

スクール

公認会計士の勉強法のなかで、予備校などの講座受講について調べました。概要やメリットデメリットを詳しく紹介します。

公認会計士の予備校講座での勉強法

公認会計士の予備校講座での勉強法公認会計士の予備校、あるいは専門学校と呼ばれるスクールに通学する場合、大きく分けると1~1年半程度の短期集中型と、2年前後の通学を要するコースとがあります。

短期集中型の中には短答式に特化したコースもあり、まず短答式に短期合格を果たして改めて論文式に挑むというものです。

短期型の勉強時間は、基本的に平日フルタイムの通学になります。ですので、専門学校の学生として、その期間を費やせる人でないと難しいと思います。

長めの期間に設定されているコースでは、平日の夜間と土日に通学して講座を受けるようになっていて、こちらは学生のダブルスクールや社会人の受講生も利用しています。

公認会計士の予備校で勉強するメリット

公認会計士の予備校に通学することのメリットは、主に以下の4つです。

  1. 専門講師から直接指導を受けることができる
  2. 時間割にそって計画的に学習できる
  3. 疑問や質問などをその場で直接できる
  4. 同じ目標を持った仲間と出会うことでモチベーションが上がる

公認会計士の予備校で勉強するデメリット

公認会計士の予備校に通学することのデメリットは、主に以下の3つです。

  1. 移動時間も含めて拘束時間が長い
  2. 自分都合で予定が組めないので授業についていけなくなる不安がある
  3. 受講料や交通費などトータルコストが高くなる

スクール通学の費用が高いと感じたら… 公認会計士の通信講座ランキング