公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

独学

ここでは独学による公認会計士試験の勉強法の特徴やメリット・デメリットについて紹介しています。

公認会計士試験合格のための独学という選択

独学とは先生に付いたり通学などをせずに1人で勉強することを言います。公認会計士試験については市販の参考書も数多く出版されているので独学でも合格できるのではないかと考える人もいるでしょう。

確かに受験する資格によってはわざわざ学校に行かなくても独学で何とかなることもあります。会計関連で言えば簿記2級・3級程度であれば独学で合格することもそれほど難しくはないかもしれません。

しかし合格率が10%を切ることもある公認会計士ははっきり言って難しいでしょう。もちろん可能性はゼロではないですが仮に合格したとしてもかなり遠回りをすることになることは明らかです。

独学にチャレンジしたいと考えている人は試しに市販のテキストと問題集を購入してみるとよいでしょう。初学者の場合、どのテキストが優れているのか、出題範囲はカバーできているかどうか自分で判断することが容易でないことがわかるはずです。

何かの研究で独自の理論を展開するような性質のものであれば、1人で研究に没頭するのも構いませんが公認会計士になるための勉強はいわゆる受験の1つです。

求められる答えを解答欄に表現しなければ合格はできないですから、そのために必要なテクニックを習得したり日々のトレーニングが必要になります。

しかし、それは誰かの助けがないと実現するのは難しいでしょう。特に最難関と言われる公認会計士試験に独学で臨むのは厳しすぎます。

公認会計士試験を独学で勉強するメリット

公認会計士試験を独学で勉強するメリットは、主に以下の3つです。

公認会計士試験を独学で勉強するデメリット

公認会計士試験を独学で勉強するデメリットは、主に以下の5つです。

独学はこんな人に向いている

独学に向いている人は意志が強く自分で計画を立て確実に実行できる人です。また疑問点や受験の不安を解消できる信頼できる先輩や仲間を持っている人は、先生に付かなくてもある程度は勉強をすすめることができます。

但し、性格的に向いていても公認会計士試験は合格するのが難しく、合格するまで何年もかかることも覚悟しなくてはなりません。並の努力では目標を達成することは不可能と考えた方がよいでしょう。

初学者の場合は簿記3級、2級と独学でも段階的に進めていき徐々にクリアしていくことが必要です。限界を感じた段階で専門スクールの講座を受けてみるなど柔軟に考えることが大切です。