公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士試験合格に直結する勉強法を徹底紹介

ここでは公認会計士試験に合格するために役に立つ心構えや勉強法について紹介しています。

試験の勉強方法は人それぞれだと思いますが、長期間勉強を続けていると陥りやすい注意点から公認会計士試験ならではの具体的なやり方まで導入編、基礎編、実践編に分けてまとめました。

1導入編:やる気が出ない時は、5秒で動き出す勉強法

人は何かをしようと思っていてもやる気が出ずに前に進まないことがあります。これは居心地の良い場所に留まろうと脳がブレーキをかけてしまうからです。考える前に行動に移してしまえば後からやる気がついてくるものです。

>>5秒で動き出す公認会計士試験勉強法についてもっと詳しく見る

2導入編:だらだら勉強しないため、時間を30~60分で区切る勉強法

長時間休まずに勉強したのに成果が上がらないことがあります。人間の集中力は長くても60分程度までしか持たないからです。だらだらしないためには勉強を量で区切るのではなく時間で区切るようにすると効率アップします。

>>時間を30~60分で区切る公認会計士試験勉強法についてもっと詳しく見る

3導入編:モチベーションを維持するための先人の知恵

公認会計士の勉強は長期戦になるのでモチベーションを維持し続けるのは大変なことです。しかし受験自体を楽しんだり、行き詰まった時は初心に戻って考え、周囲に感謝することによって意欲を持たせることができます。

>>公認会計士試験勉強のモチベーションを維持する方法についてもっと詳しく見る

4基礎編:基礎力を重視。それを最大限に活かす勉強法

公認会計士試験の勉強は合格することが第一の目標です。それにはすべての科目を平均以上の点数を獲得する必要があります。不必要な知識はできるだけ削ぎ落として徹底して基礎力をつけることが応用力にもつながります。

>>基礎力重視の公認会計士試験勉強法についてもっと詳しく見る

5基礎編:暗記なくして合格なし。暗唱で知識を定着させる勉強法

公認会計士試験の合否は、いかに自分の実力を答案に表現できるかにかかっています。そのために効果的な学習法が暗唱です。これはテキストの内容や専門用語の定義を暗唱することで、繰り返すことで基礎力をつけることができます。

>>公認会計士試験のための暗唱勉強法についてもっと詳しく見る

6実践編:理論問題は自分で自分に説明できるようになる勉強法

理論問題を攻略するためには解答の暗唱を行うのが試験対策の基本ですが、本当に理解しているか確認するためには「自分で自分に説明する」のが有効です。理解を深めるには常に「なぜ?」と問いかけることが重要になります。

>>公認会計士試験の理論問題対策についての勉強法についてもっと詳しく見る

7実践編:計算問題は筋トレ。同じ良問を繰り返し解く勉強法

計算問題におけるスピーチとは理論問題と違い解答を覚えてしまうくらいまで同じ問題を繰り返し解いていくことです。その場合は本番で成功するために制限時間の半分で問題を解き、満点を取る訓練をしなくては意味がありません。

>>公認会計士試験の計算問題対策についての勉強法についてもっと詳しく見る

8実践編:難問は対処次第で合否に大きな影響なし。難問対策

計算問題でも理論問題でも必ず毎年知らない問題パターンの出題があります。その場合はパニックに陥らないことが重要で、複数解答欄がある小問の中で自分ができる問題を確実に解いていくことが基本的な対処法です。

>>公認会計士試験の難問対策についてもっと詳しく見る