公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

管理会計論の勉強法

財務会計論の次にボリュームの多い科目である管理会計論。計算問題の量も多く、きちんとマスターするにはかなりの時間がかかります。ここでは、公認会計士試験に合格できる管理会計論の勉強法を紹介します。

管理会計論の勉強法

原価計算

原価計算の問題は、時間さえあれば誰でも解けます。ただ試験には十分な時間がないため、みんな点を落としているのです。ここに、原価計算をクリアするヒントがあります

繰り返し書くこと

原価計算の部分では、書く勉強せずして、対策はできません。総合原価計算のボックス図や標準原価差異分析のボックス図、製造間接費の予算差異分析図などは、ひたすら書いて問題を解くことでしか習得できません。実際に自分の手を動かし、ボックス図や分析図を完成させることで身に付くのです。

この繰り返し学習を何度も続けていれば、初めて取り掛かる問題でもすべての論点・解法を思い出せるようになります。もちろん覚えなければいけないことは山ほどあるため、時間を浪費しないように以下のことを意識ながら勉強しましょう。

これらを徹底して学習を続ければ、本試験でも問題を見た瞬間に記憶をすべて引き出せるようになります。

問題集は「考える」ことを意識する

管理会計論は、勉強した問題がほぼ出ない科目です。原価計算の問題は解法パターンが数多く存在するため、機械的に問題集を解いているだけでは成果が出ません。

原価計算は、1つひとつ解法を記憶するように取り掛かりましょう。

管理会計

管理会計は、計算よりも理論のほうのウエイトが上がります。内容もテクニカルな論点が増えるため、苦手意識が生まれやすいです。しかも試験委員側は、会計管理を「比較的時間のかからないもの」と捉えて問題を作っています。つまり、理論や融合部分には時間をかけていられないということです。

そんな管理会計も、繰り返し問題集を解けば確実にマスターできます。まずはテキストの内容をざっくりと理解して、その後問題集を一通り解き、終わったら解説やテキストの確認と解法の理解を勧めましょう。この工程を繰り返すことで、着実に内容を記憶できます。

管理会計論の特徴

管理会計論は、公認会計士試験の中で2番目にボリュームの多い科目です。内容をすべて完璧にマスターするのは、財務会計論の計算ほどではありませんが、かなり時間がかかるでしょう。また、さらっと勉強したくらいでは正当できないような問題も多く、論点に関する徹底的な理解が必要となります。

原価計算の問題では、各種ボックス図の書き方をマスターした上で、問題ごとに書き分ける能力が求められるでしょう。一方で論点自体は特に難しくないため、ある程度すんなり理解できます。ただ本番前までに、きちんと内容を説明できるようにならなければなりません。そのため、管理会計論を完璧に仕上げるためには、なるべく早いうちから勉強に取り掛かるべきです。