公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

社会人合格者の必勝勉強法レポート

ここでは社会人で公認会計士試験に合格した人の体験談や勉強法について紹介しています。

公認会計士試験を合格した社会人の勉強法

社会人として働きながら公認会計士試験に合格した人の体験談を集めました。

Yさん(20代 男性 会社員)

大学在学中には公認会計士試験に合格できず、一般の会社に就職したので2年ほど受験勉強から離れていました。働きながらの受験を選んだのは自分の本気度を試す意味もありました。

働きながらだとどうしても勉強時間は少なくなります。月に60時間程度、繁忙期はほとんど時間を確保できませんでした。その中で私が工夫した点は備忘ノートを作成して重要論点を書き出すこと、自分が覚えたい箇所はスマートフォンで撮影して通勤時の電車で確認するようにしていました。

また会計・税務関係の仕事に就いていれば会計士試験と全く無関係にはならずむしろ相乗効果が期待できます。さらに仕事で議事録や報告資料を作成することは文章の構成を考えるという点で、理論科目対策として役立つと感じました。

Kさん(20代 男性 大学卒)

私が公認会計士試験の勉強を始めたのは大学を卒業して1年後からです。事業再生の分野で公認会計士が活躍されていることを知り、私もそういった仕事に携わりたかったからです。

とはいえ私は簿記のこともわからず知識が不足していたため初学者向けの講座を受けることにしました。4年かかりましたが短答式試験は4回目で合格、論文式では2回目で合格しました。

今振り返ると最初の2年くらいは英単語を覚えるようにひたすら暗記をしていました。3年目からは理解も進みテキスト・答練の繰り返しスピードが早くなりましたが下書き・理論的な深まりは不足していたため、最後の1年間は主に理論科目はスピーチで暗記のケアをして他との結びつきから全体を把握することに努めました。

Wさん(20代 男性 大学卒)

社会人受験者なので効率重視で進めました。財務会計論では音声講義を2倍速で聴き主要論点を把握、租税法と経営学は音声講義に加えてテキスト、答練詰め込んで集中して学習しました。音声講義を柔軟に使いこなせたのが合格につながったと思います。

Sさん(30代 男性 会社員)

社会人だと教室クラスへの通学は不定期になってしまうため受験仲間というのもできず、大勢の中での自分の位置が掴めないのが問題でした。ちょうどその時に個人別成績表をWeb上で確認できる機能があることを見つけ、受験生の中での自分を知るにはとても役立つ情報を得ることができました。

Oさん(30代 男性 システムエンジニア)

4年程度システムエンジニアとして色々な会社と関わりが持てたのが勉強になり、会計の仕事も様々な業種に携われると考えて公認会計士を目指すことにしました。

監査法人に務める先輩から話を聞いて専門学校で受講することにしたのですが講義時間を含め1日6~7時間勉強するようにしました。

とにかく苦手科目を作らないことに注意しました。新しい科目が始まると最初の3週間はじっくり学習して復習テストで満点を目指し、得意科目になるようにしました。あとは
計画表を作成して実績は色を塗りつぶしていきました。勉強してないと一目でわかるのがよかったです。

忙しい社会人におすすめ、通信講座スクールを徹底比較BEST5

Aさん(30代 男性 会社員)

私が公認会計士を目指したのは初めて就職した会社の影響です。専門性が高い会社でその強みを実感し、個人としても専門性を高めておきたいと考えたからです。

通学で勉強するのが基本でしたが仕事で授業に出れない時に通信で受講できるのが非常に助かりました。また同じクラスに社会人が多かったので相談したり話ができたのは勉強を続ける上で心強い味方になりました。

試験の範囲が広いので講座のカリキュラムに素直に従い、最初は短答式試験に集中して、その後に論文の勉強を行う流れにしました。また講師の方に勉強の仕方、勉強時間の配分などの指導を受けたのが役立ちました。

Mさん(50代 男性 会社員)

私はある金融機関に勤務していますが、会社で資格取得を推奨しているにも関わらず公認会計士の合格者がいなかったことが受験する動機につながりました。

仕事をしながらなので受講コースのカリキュラムをすべて消化することを最低ノルマとして勉強を進めました。

インプット講座ではテキストを辞書代わりに使いレジュメを暗記用として活用しました。アウトプット講座では問題集や答練を完璧にすることを、目標に解答をすべて暗記してしまうくらい繰り返し勉強しました。

通信講座だったので個別に指導は受けませんでしたが、チューター制度を利用して質問した時に丁寧に答えていただいてありがたかったです。

Iさん(20代 男性 会社員)

自分のキャリアコントロールがしやすくなると考え、公認会計士になることを決心しました。

働きながら勉強するのはかなり大変になると思っていたので、働き始める前の4ヶ月間にできることを先行して1日約10~12時間勉強しました。Web講義で3時間、復習で3時間それをもう1セットで12時間という感じです。

働き始めてからは平日はコンスタントに5時間の勉強時間を確保し、土日は9~12時間くらい。科目はすべて満遍なくやろうとすると辛くなるので1科目ずつ潰すつもりで集中して勉強しました。授業を受けていてテキストと答練を徹底的にやれば大丈夫という安心感がありました。

忙しい社会人におすすめ、通信講座スクール徹底比較

総評

社会人の場合は働きながらだと昼間は当然ながら勉強時間を確保することができません。1日の中でどれだけ時間を作れるかが課題となるのは間違いないでしょう。

時間確保には苦労するようですが会計関連の業務に従事している場合は相乗効果もあるようです。移動の時間や効率性を考えると社会人は通学よりも場所を選ばない通信講座が向いていると言えます。また合格者に共通して言えるのは講座カリキュラムやテキストに忠実に従っていることです。