公認会計士の勉強法を徹底リサーチ!確実&最短な合格を目指す

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士を目指すための勉強と効率的学習の講座選び

公認会計士になるには

ここでは公認会計士になるにはどのような方法があり、かかる費用はどの程度考えておけばよいか説明しています。

公認会計士になるために必要なこと

公認会計士になるための必須事項は当然ですが、公認会計士試験に合格することです。

合格率10%前後の試験ですから数ヶ月勉強する程度では突破することは難しく、個人差はありますが2~3年はかかると覚悟しておいたほうがよいでしょう。

そのためにかかる費用も決して安くはありません。もちろん独学で受験するなら市販のテキスト代のみの数千円で済みますが、一般的には学校を利用することになります。

民間の専門学校で学ぶ場合は年間で50~60万円が相場で、学校によっては100万円以上かかる場合があります。現在は通学と通信講座という方法がありますが授業料の差はそれほど大きくありません。

大学や会計大学院で学ぶ場合は私立だとトータルで300~450万円程度、国立でも150~250万円程度かかかることになります。

試験を受けるための必要な受験手数料は19,500円です。また試験に合格した後も2年の実務経験を積み修了考査を受けなければなりませんが、ここでも受験手数料の28,000円が必要です。

以上のように費用面だけ考えても公認会計士の勉強は気軽に始められるものではありません。その他にも考えなくてはならないことがたくさんあります。

公認会計士試験の概要や合格後の流れなど知っておきたい基礎知識をまとめましたので是非参考にしてください。

公認会計士の資格試験概要説明

公認会計士試験は必須科目の5科目と選択科目は4科目中の1科目を選んで試験を受けます。年齢・性別・学歴などに関係なく誰でも受験できますが、合格率が10%の厳しい試験なのでかなりの勉強が必要になります。しかし新試験制度になり、まとまった勉強時間を確保することが難しい社会人にとって、だいぶ合格のチャンスが広がりました。

公認会計士試験は短答式試験と論文式試験の2つに分けて実施されます。試験科目は、必須科目が財務会計論と監査論、企業法、会社法、それに租税法、選択科目は経営学または経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、民法、統計学です。

新試験制度では、論文試験の科目について一定以上の成績を収めた場合は、以後2年間にわたってその科目の試験が免除されることとなりました。

>>公認会計士資格試験概要についてもっと詳しく見る

合格後の流れと実際の仕事内容

試験に合格してもすぐに公認会計士になれません。要件として2年間の実務経験や原則3年の補習所通学を経て修了考査合格して初めて公認会計士として登録されることになります。仕事内容は監査業務、税務業務、会計業務、コンサルティング業務の4つです。

監査業務は、公認会計士の独占業務です。企業が作成した財務諸表を間違いや不正がないかのチェックをします。公認会計士の資格を取得すると多くの人は、まずこの監査業務に携わります。

税務業務は、税務申告や税務書類の作成、税務相談などです。公認会計士の資格を取得すると税理士の業務もできるため、これら税理士の独占業務へも従事できます。

会計業務は、企業の決算書類・財務諸表などの作成です。コンサルティング業務は、企業に経営や財務についてのコンサルティングを行います。

>>公認会計士試験合格後の流れと実際の仕事内容についてもっと詳しく見る

試験勉強のために会社は辞めるべきか?

公認会計士の試験は難しいために会社を辞めて勉強に専念したいと考える人が多くいますが、様々なリスクを考えると辞めないほうがよいでしょう。合格する保証はどこにもなく、ブランクができると再就職が難しくなるからです。

>>公認会計士試験勉強のために会社を辞めるべきかについてもっと詳しく見る

公認会計士と年齢

公認会計士の資格試験は年齢を問わないものなので、年齢に関しては考え方が難しい部分もあるのではないでしょうか。大卒資格が必要であれば、現実的に22歳以上となります。しかし、公認会計士は決して大卒資格を必要としません。極論では中学卒業と同時に公認会計士の勉強を行っても問題ありませんが、実際に公認会計士と年齢にはどのような関係があるのでしょうか。

公認会計士と年齢の関係性に加えて、年齢を問わないものの、若い方が有利とされている理由についても迫ります。

>>公認会計士と年齢についてもっと詳しく見る

公認会計士の試験合格に必要な勉強時間

公認会計士試験合格のためには、どれくらい勉強すればよいのかを調べてみました。これから公認会計士を目指す人、あるいははすでに公認会計士試験合格を目指している人にとって、一つの目安を知っておくのは大切なポイントになるでしょう。もちろん試験合格のために必要なのは時間ではなく質も重要です。一般的にある程度の時間の目安があった方が勉強の計画も立てやすいかと思うので、是非参考にしてください。

>>公認会計士の試験合格に必要な勉強時間についてもっと詳しく見る

公認会計士の難易度

公認会計士の合格率は、例年10%前後を推移しています。決して「高い合格率」とは言い難い、難問資格であることが分かるでしょう。実際、公認会計士は医師や弁護士などの国家資格と合わせて3大国家試験の一つに数えられており、決して簡単ではありません。

しかし、簡単ではない、取得難易度の高い資格だからこそ、資格取得のメリットも大きいと考えて良いでしょう。また、公認会計士の合格率は「とあるもの」と連動しているとも言われていますが、その点についても迫ります。

>>公認会計士の難易度についてもっと詳しく見る

公認会計士の勉強はいつから?

公認会計士の勉強をいつから始めるのかは、それぞれの環境によって異なります。実際にどれくらいから始めると良いのか、シミュレーションしてみることもやっておくべきでしょう。公認会計士試験には受験資格・制限がありません。いつから勉強を始めればよいのか見えにくい部分もあるかと思いますが、その点についても考察していきます。

>>公認会計士の勉強はいつから?についてもっと詳しく見る

公認会計士に向いている人

公認会計士に向いているタイプについて調べてみました。どのような仕事も、性格によって向き不向きがあるものです。公認会計士も例外ではありません。そこで、公認会計士に向いているタイプをある程度ピックアップしてみました。もちろん、あてはまらないからといって公認会計士試験に合格できない訳ではありません。試験に合格し、実際に公認会計士として働いてから後悔することのないよう、向き不向きも知っておきましょう。

>>公認会計士に向いている人についてもっと詳しく見る

公認会計士の将来性

様々な職業が少子高齢化やAI化の煽りを受け、時代と共に需要が変化している公認会計士。特に今後、AI化によって人間が機会に仕事を奪われてしまう時代がやってくるとも囁かれています。公認会計士の将来性について、将来性がどれだけあるかについても迫ってみました。公認会計士を目指すのであれば、合格だけではなく将来的なビジョンもまた、覚えておいて損はないでしょう。

公認会計士の将来は、基本的に明ると考えられます。特に、企業のグローバル展開が盛んな近年、国際会計基準に明るい公認会計士のニーズは大きく高まっていくでしょう。

また、AI化により仕事が奪われる可能性も、公認会計士については低いと考えられています。なぜなら、公認会計士は単に会計の数字のみを扱うのではなく、企業経営についての問題点や課題を明らかにし、その解消法・解決法を立案するのが仕事だからです。

>>公認会計士の将来性についてもっと詳しく見る

公認会計士と学歴

受験資格に制限がないので、事実上、公認会計士は学歴に関係なく誰もが目指せる資格です。ただ、現実的に高学歴者が公認会計士に多いことからも分かるように、合格にはそれなりの知識が求められます。なぜ公認会計士に高学歴者が多いのか、高学歴だと公認会計士試験においてアドバンテージがあるのかなど、デリケートな部分に切り込みました。

>>公認会計士と学歴についてもっと詳しく見る